2009年12月04日

うちの子は鼻水が出ると喘息発作が出るんです

“うちの子は鼻水が出ると喘息発作が出るんです!”

 医師になりたての頃(15年前)から外来でこのような訴えをよく耳にしていました。“そのようなお子さんもいるのかな?”と漠然と思っていました。しかしお母さんの言っていたこのセリフは医学的にも正しかったのです。今回はそれを説明したいと思います。キーワードは“One airway, one disease”です。尚、細かい点は省略してアバウトに説明します。それでも今回はちょっと難しいかもしれません。

One airway, one disease
 鼻も気管も一続きの空気の通り道であるのだから、鼻のアレルギーも気管のアレルギー(喘息)も区別せずに一つの病気として捉えようという考え方です。これを英語で “one airway, one disease”と言います。喘息でない人がアレルギー性鼻炎である確率が約20%であるのに対し、喘息患者さんでは70-80%がアレルギー性鼻炎を合併しているとされています。つまりアレルギー性鼻炎と喘息は密接に関連していて、全く別の病気という訳ではないのです。喘息患者さんで鼻の症状が悪化した場合には、喘息発作の前ぶれ、あるいは同時に起こっている可能性があるということなのです。

治療について
 One airway, one diseaseの考え方によると鼻アレルギーを合併している喘息患者さんでは喘息の治療だけでは不十分で鼻アレルギーの治療も併せて行うべきだということになります。喘息患者さんに鼻炎の治療を行わなかった場合の救急外来受診率および入院率は鼻アレルギーの治療によって低下したという論文があります。ステロイド点鼻薬と第二世代抗ヒスタミン剤(飲み薬)の2種類を使用すると、救急外来受診率は6割減り、入院率は8割減ったというのです。つまり喘息患者さんの鼻炎の症状が悪化した場合には適切な対処が必要と考えられるのです。


今回はイラストを載せませんでした.....
アドバイザーが見つかったので次回頑張ります。
posted by ながやまキッズファミリークリニック at 11:11| Comment(1) | TrackBack(0) | 医療コラム
この記事へのコメント
渋谷@函館です

大崎先生元気ですか?
函館の新聞屋さんから情報をいただいて、見物しに来ました。

喘息の診断治療って難しいですよね。
抗ヒスタミン薬もぺリアクチンは喘息発作時には禁忌になっていますから、抗ヒ剤というよりは、抗コリン作用の少ないものを選ぶという感じでしょうか。
お母さん方には、咳では入院することは多々あるけど、鼻水では入院することはないのでって、2世代しか出しません。感冒性鼻汁は何だしても効きませんし(笑)。

徹底してやると、意外とこんなものでも鼻が止まるなんていう新しい発見があるので、外来臨床って楽しいですよ。
経営的には大変でしょうが、楽しんで外来してくださいね。
Posted by しぶりん at 2009年12月12日 15:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34005492

この記事へのトラックバック

ながやまキッズファミリークリニック

Copyright© kids&family Clinic 2009, All Rights Reserved.