2011年03月03日

子宮頸がんワクチン(サーバリュックス)の新規予約中止お知らせ

子宮頸がんワクチン(サーバリュックス)が全国的に品薄になり当面の期間、新規予約受付が出来ない状況となりました。すでに当院で接種されている方の追加接種分は確保してあります。再開のめどはたっていません。ご迷惑をおかけ致しますがご了承願います。
posted by ながやまキッズファミリークリニック at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2011年02月16日

肺炎球菌・ヒブワクチン・子宮頸がん予防ワクチン助成(無料接種)について

肺炎球菌ワクチン・ヒブワクチン助成(無料)は生後2か月から5歳未満の乳幼児が対象です。子宮頸がん予防ワクチンは中学校1年生から高校1年生相当までの年齢が対象となります。

肺炎球菌ワクチン・ヒブワクチン助成の詳細:http://www.city.asahikawa.hokkaido.jp/files/kenkousuisin/yobou/yobousessyu/shikyukeigan/hib_taisyou.pdf

子宮頸がん予防ワクチン助成の詳細
http://www.city.asahikawa.hokkaido.jp/files/kenkousuisin/yobou/yobousessyu/shikyukeigan/ccv_taisyou.pdf#search='旭川市 保健所 子宮頸がん'
posted by ながやまキッズファミリークリニック at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2010年12月27日

メリークリスマス

昨年に続き今年もスタッフから子供達のためにクリスマス演出がありました。スタッフ手作りのプレゼント“くじ”は子供達に大好評でした。

クリスマス 005.jpg

私は今年、いろいろなことがあって落ち込むことがありましたが元気で一生懸命なスタッフに支えられて持ちこたえることが出来ました。このスタッフに出会えて本当によかったと心から思います。

クリスマス 002.jpg

母さん達からの励ましの声、そして子供達の笑顔も心の支えになりました。

当院に関わって下さった皆様に感謝しています。
                            来年もよろしくお願い申し上げます。
posted by ながやまキッズファミリークリニック at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2010年12月18日

年末年始のお知らせ

平成22年12月30日より平成23年1月3日までお休み致します。1月4日より通常診療となります。
posted by ながやまキッズファミリークリニック at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2010年09月15日

季節型+新型(混合)インフルエンザワクチン

10月1日より季節型+新型(混合)インフルエンザワクチンを開始致します。料金は成人・小児ともに一律1回2000円です。
posted by ながやまキッズファミリークリニック at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2010年04月14日

健診

これまで健診費用は無料としていましたが、4月14日より500円を頂いております。ご了承願います。
posted by ながやまキッズファミリークリニック at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2010年03月25日

小児用肺炎球菌ワクチン(プレベナー)のお知らせ

小児用肺炎球菌ワクチン(プレベナー)が在庫切れの状況となりました。接種には予約が必要となります。ご了承ねがいます。費用は1回:8,800円です。
posted by ながやまキッズファミリークリニック at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2010年03月12日

子宮頸がんワクチン

3月15日より子宮頸がんワクチン(サーバリュックス)接種を開始します。費用は1回:1万6,000円です。予約が必要です。
posted by ながやまキッズファミリークリニック at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2010年03月06日

診療時間変更のお知らせ

3月8日より診療時間を下記に変更致します。

月・火・木・金曜:AM9:00-12:00, PM 2:00-5:00
水・土曜:9:00-12:00

これに伴い受付時間が下記に変更となります
月・火・木・金曜
(窓口)AM 8:30-12:00, PM 2:00-5:00
(オンライン:i-ticket)AM 9:00-11:30、PM 2:00-4:30

水・土曜
(窓口)AM 8:30-12:00
(オンライン:i-ticket)AM 9:00-11:30

まだしばらくご迷惑をおかけ致しますが、ご了承願います
posted by ながやまキッズファミリークリニック at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2009年12月04日

うちの子は鼻水が出ると喘息発作が出るんです

“うちの子は鼻水が出ると喘息発作が出るんです!”

 医師になりたての頃(15年前)から外来でこのような訴えをよく耳にしていました。“そのようなお子さんもいるのかな?”と漠然と思っていました。しかしお母さんの言っていたこのセリフは医学的にも正しかったのです。今回はそれを説明したいと思います。キーワードは“One airway, one disease”です。尚、細かい点は省略してアバウトに説明します。それでも今回はちょっと難しいかもしれません。

One airway, one disease
 鼻も気管も一続きの空気の通り道であるのだから、鼻のアレルギーも気管のアレルギー(喘息)も区別せずに一つの病気として捉えようという考え方です。これを英語で “one airway, one disease”と言います。喘息でない人がアレルギー性鼻炎である確率が約20%であるのに対し、喘息患者さんでは70-80%がアレルギー性鼻炎を合併しているとされています。つまりアレルギー性鼻炎と喘息は密接に関連していて、全く別の病気という訳ではないのです。喘息患者さんで鼻の症状が悪化した場合には、喘息発作の前ぶれ、あるいは同時に起こっている可能性があるということなのです。

治療について
 One airway, one diseaseの考え方によると鼻アレルギーを合併している喘息患者さんでは喘息の治療だけでは不十分で鼻アレルギーの治療も併せて行うべきだということになります。喘息患者さんに鼻炎の治療を行わなかった場合の救急外来受診率および入院率は鼻アレルギーの治療によって低下したという論文があります。ステロイド点鼻薬と第二世代抗ヒスタミン剤(飲み薬)の2種類を使用すると、救急外来受診率は6割減り、入院率は8割減ったというのです。つまり喘息患者さんの鼻炎の症状が悪化した場合には適切な対処が必要と考えられるのです。


今回はイラストを載せませんでした.....
アドバイザーが見つかったので次回頑張ります。
posted by ながやまキッズファミリークリニック at 11:11| Comment(1) | TrackBack(0) | 医療コラム

ながやまキッズファミリークリニック

Copyright© kids&family Clinic 2009, All Rights Reserved.